先週末から京都店にて開催中の、画家・山口一郎さん新作個展「ネオリンパ」。おかげさまで初日からたくさんの方にご来場いただき、最近のイチロウさんの個展では珍しく、色をまったく使わないモノクロームな世界を堪能していただけました。イチロウさん曰く、「ネオリンパ」=「日本の江戸時代 僕にはパンクみたいなとんがった絵 琳派を僕の解釈で描きました」。8/22までの開催となりますので、江戸のモダニズムとイチロウさんとのパンキッシュな融合を、真夏の京都でどうぞご鑑賞ください。

 

※売約分のお引き渡しは会期終了後となりますのでご了承ください(ポストカードのみ即お持ち帰り可能)

 

徳持

 

関連記事

  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP