ディーモールの8月恒例行事、山口一郎画伯の新作個展を今年も無事に開催できる運びとなりました。昨年の夏は児島店にてコロナ禍にも関わらず大いに盛り上がったのは記憶にあたらしいところですが、今年の夏の舞台は京都店。多忙を極めているイチロウさんにわがままリクエストした今回の個展タイトルは「ネオリンパ」。6年前、琳派誕生400年のメモリアルイヤーに開催した同タイトルの2021年版を、今回も琳派発祥の地・京都にて開催いたします。個人的にはイチロウさんの作品群のなかでも特に大好物なネオ琳派。本阿弥光悦や俵屋宗達、尾形光琳といった琳派のレジェンドを彷彿とさせるダイナミックな作品を、この機会にぜひご鑑賞ください。

 

徳持

 

 

 

—————————————————————————–

 

 

 

 

山口一郎 個展  “NEO RIMPA”

日程:2021年7月30日 (金) ~ 8月22日 (日)
会場:D_MALL京都店

香川県在住の画家・山口一郎さんの個展を今年の夏も開催いたします。今回のタイトルは、6年前に京都店にて開催して以来の”NEO RIMPA”。イチロウさんの大胆な構図と江戸時代から続くモダニズムの融合を、琳派発祥の地・京都にてどうぞじっくりご鑑賞ください。

 

[profile] 山口一郎 Ichiro Yamaguchi

画家。香川県在住。セツ・モードセミナー卒業後、イラストレーターとして雑誌広告の仕事に携わる。現在は青山のDEE’S HALLなどで定期的に個展を開催し、海外のギャラリーでも展示会を行う。

関連記事

  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP