いよいよ今週末から京都店にて始まるクリーチャーズ展。今回で通算5回目となりますが、昨年は開催を時勢的に見送ったので、2年間の充電を経て更に個性に磨きのかかったヘンテコ人形〈クリーチャーズ〉たちが総勢30体、福岡から京都へやってきます。もちろん、こちらも超個性的な生みの親、イラストレーターの土器さんとoshowさんも京都入り。搬入後に夜の京都を一緒にブラブラするのも恒例行事なのですが、今年はどこに繰り出そうかと考えるのもまた楽しい時間です。ディーモール各店の店頭ではすっかりお馴染みの歴代クリーチャーズ人形たち、製作の過程で設計図の類は一切なく、土器さんとoshowさんの頭の中に生まれるイメージを、チクチク手を動かしながら立体の造形に転出して作られていきます。当然ものすごい時間とエネルギーを要する作業となるので、ここまでまとまった数の新種を見られるのは、とても貴重な機会となります。ニューノーマル時代に生まれた新しい息吹を感じに、ぜひお越しください。詳しくは→コチラ

マネージャー
徳持

 

 

関連記事

  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP